事務局からのお知らせ

2016-10-11
平成28年台風による被災農林漁業者への支援対策について

今夏は台風7・11・9・10号と続けざまに襲来し、北海道をはじめとして各地に被害の爪痕を残しました。
これに伴い、農林水産省から『平成
28年度台風による被災農林漁業者への支援対策』が公表されました。

養豚関係で関連するものは下記の対策と思われます。
○共済金等の早期支払い
○災害関連資金の特例措置
 (2)スーパーL資金、農林漁業施設資金、近代化資金等の災害関連資金の貸付利子を貸し付け
   当初5年間無利子化
 (3)農業近代化資金の借り入れについて、農業信用基金協会の債務保証に係る保証料を保証
   当初5年間免除
○農業用ハウス、共同利用施設等の再建・修繕への支援
 (1)被災農業者向け経営体育成支援事業を発動し、農業用ハウス、畜舎、農業機械等の再建・
   修繕に要する経費を助成(
10分の3以内)
○経営再建に向けた支援
 (ア)養豚経営安定対策事業(豚マルキン)における生産者積立金の免除等
 (ウ)被災家畜の避難・預託、死亡・廃用家畜に係る家畜導入支援

これらに関しましては農林水産省にも窓口はありますが、各県の畜産課にお問い合わせ頂くことがわかりやすいと思います。

なお、今回の支援対策は南九州を襲った台風16号は含まれませんので、ご留意ください。

詳しくは農林水産省の下記ホームページをご覧ください。