日本養豚事業協同組合

ログインログイン メニュー

事務局からのお知らせ

事務局からのお知らせ

[PICKUP]
「物流革新に向けた政策パッケージ」に係る自主行動計画の取組状況に関するアンケートの実施について

2024-02-26

組合員各位

先般、農水省より、表題の件について連絡がございましたので、下記の通り皆様にお知らせます。

本件は、日本養豚協会にも依頼されているとの事ですので、お知らせが重複するかもしれませんが、

アンケートへのご協力よろしくお願いいたします。

 

以下、農水省からのご案内です。

 

この度、農林水産省では、経済産業省・国土交通省及び委託先の株式会社NX総合研究所と協力の下、「物流の2024年問題」に向けて、昨年6月に経済産業省・国土交通省と連名で公表を行っている「物流の適正化・生産性向上に向けた荷主事業者・物流事業者の取組に関するガイドライン」に関し、各事業者の取組状況をご回答いただくアンケート調査を【38日(金)まで】の期間において実施いたします。

みなさまにおかれましては、ご多忙のところ大変恐れ入りますが、本アンケート調査についてご協力いただけますようお願い申し上げます。なお、アンケートの概要・詳細については添付①、実際のアンケート画面のサンプルは添付②~④の資料をご確認ください。

 

アンケートURL

https://www.logistics-2024-guideline.go.jp

 

[PICKUP]
インボイス制度に関する周知等について

2024-02-26

組合員各位

 

農水省より、インボイス制度開始後に寄せられたご質問等を踏まえ、国税庁において各種資料等を作成・更新しておりますので共有いたします(PDF中に資料へのリンク有り)、とのご連絡を頂きました。

(これまでインボイス制度に馴染みが薄かった方にもできるだけ分かりやすいように作成されているとのことです。)

また、消費税の確定申告に関するコンテンツをまとめております。中小企業・小規模事業者向け支援策に関する資料とあわせご参照のほどよろしくお願いいたします。

 

以上

[PICKUP]
動物分野における薬剤耐性対策に対する認知度調査について

2024-02-06

農水省 消費・安全局より「動物分野における薬剤耐性対策に対する認知度調査」についての協力依頼がありましたので、ご案内いたします。

 

薬剤耐性対策については、人の健康だけでなく、家畜やペットの健康維持に不可欠なものとして、昨年4月には、新たに薬剤耐性対策アクションプラン(2023-2027)が策定され、抗菌薬の使用量の削減などの目標達成に向けて、一層の取組が進められています。

薬剤耐性対策は、獣医師や生産者、ペットオーナー等、関係者の理解を高めることが重要であり、様々な機会を通じて普及啓発活動が行われており、その活動がより効果的なものになるよう、定期的に理解度を確認し、改善していく必要があると考えられています。

そのため、下記の内容にて動物分野における薬剤耐性対策に関する認知度調査が実施されますので、組合員の皆様には是非ご協力をお願いいたします。

尚、本調査は農林水産省から委託を受けた、株式会社LIVEUPにて実施されます。

 

・調査期間:令和6年3月15日(金)まで
・調査方法:WEBアンケートフォームによる

  https://www.secure-cloud.jp/sf/business/1704974991JJRupzYZ

・調査対象者:以下のクラスター

産業動物臨床獣医師
生産者(家畜の飼養者)
小動物臨床獣医師
ペットオーナー

・問合せ先:staff@liveup.tokyo

 

[PICKUP]
令和6年能登半島地震に係る中小・小規模事業者向け資金繰り支援について

2024-01-22

農水省畜産局企画課 畜産経営安定対策室より、能登半島地震の関する支援について

下記のような情報が届いておりますので、お知らせいたします。

被害を受けられた皆様への支援の一端になれば幸いです。

 

令和6年能登半島地震に係る中小・小規模事業者向け資金繰り支援について、

中小企業庁が令和6年能登半島地震によって影響を受けた事業者の皆様にご活用いただける資金繰りの支援策まとめたリーフレット(令和6年1月15日現在)を作成しております。

リーフレットの内容の詳細については、以下のプレスリリースをご確認いただきますようお願いいたします。

 

令和6年能登半島地震による災害に関して被災中小企業・小規模事業者支援措置を行います (令和6年1月4日公表、1月10日更新 経済産業省)

https://www.meti.go.jp/press/2023/01/20240104001/20240104001.html

 

令和6年能登半島地震による災害が激甚災害として指定されたことに伴い、追加の被災中小企業・小規模事業者対策を講じます (令和6年1月11日公表 経済産業省)

https://www.meti.go.jp/press/2023/01/20240111006/20240111006.html

[PICKUP]
沖縄支部セミナー開催のお知らせ

2023-11-01

日本養豚事業協同組合24期沖縄支部セミナー開催案内

 

拝啓、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は、当組合の活動にご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

24期の支部セミナーでは4年ぶりの開催となるため、豚事協の基本理念と養豚経営に関わる基本的な考え方として理事長より組合員の皆様へ直接お話させていただきます。

現状の飼料高騰下でも利益を出せる経営について、「勝ち残る養豚経営に向けて」と題して、

種豚Topigs Norsvinやメンデルデュロック精液の実際の農場での成績や組合指定配合飼料「ゆめシリーズ」ついてなどご案内いたします。

また久々の開催のため支部内の意見交換も時間がある限り実施いたします。

その後、「JASVベンチマーキングの活用とその効果」

新潟県の秋山養豚場・秋山大輝氏による、をテーマに講演いただきます。

さらに、秋山養豚場の管理獣医師である㈲サミットベテリナリーサービス代表取締役獣医師・石川弘道氏には獣医師の視点からベンチマーキングを通してどう指導しているかテーマにしセミナーを開催することとし、

下記のとおりご案内を申し上げますので、是非とも多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

開催日時:2024年3月1日(金)講演会14:30開始 懇親会18:30開始

開催場所:沖縄県畜産振興公社会議室(沖縄畜産振興支援センター4階)

(〒900-0024沖縄県那覇市古波蔵1丁目24-27 電話098-855-1129)

セミナーの久々と開催ということで、賛助会員の協賛企業様より情報をご案内できるように準備する予定です。

 

参加は事前申込制で、セミナー参加費はどなたでも無料となっております。

セミナー終了後は懇親会が会場を移動して開催され参加費は5000円となっております。

申し込みは申し込み用紙をFAX、当組合HP日本養豚事業協同組合 (tonjikyo.or.jp)よりフォームにて申し込みが可能となっております。

以下は申し込みフォームとなっております。

https://forms.gle/MNWMsJDrNAToq5yA7

 

1 2 3 4 ... » >
ページトップへ